高いところから失礼致します!

「苦しさはすぐに消える。諦めた事実は永遠に残る。」を心の中で連呼して、マラソン、ウルトラマラソン、超ウルトラマラソンを嗜む(トレイルランニングは勉強中)変態ドMランナーです。

テニス

全仏オープンテニス2019回顧録

今年もテニスの赤土、クレーシーズンがやって来た。1週目の金曜夜に行われた錦織圭選手の3回戦の試合には感動した。 3回戦のジェレという初めて聞いた選手との戦いはファイナルセットまでもつれ、2ブレイクダウンの0-3の大劣勢に、自分も含めた多くの日本人…

全豪オープンテニス2019回顧録

2019年も始まった、全豪オープンテニス。 残念ながら、ビッグ4の一角のアンディ・マレーは、怪我の影響でもうダメのようだ。 本大会での復帰を試みたが、1回戦でフルセットの末に敗退。 6月のウィンブルドンテニスでの引退を表明したが、それまでにどこまで…

ATPツアーファイナルズで錦織選手がフェデラーに勝利!

2018年11月13日火曜日、大阪城公園ナイトランニング。 中之島のオフィスを出たら、かなり寒くてココイチなんじゃないかと思った。もう冬だ。 帰宅後のランも憚れる想いだったが、走り始めてみれば、これくらいの寒さが走るには最適。快調に走れて気持ち良か…

全米オープンテニス2018回顧録

今年最後のグランドスラム、2018年の全米オープンテニスは、錦織圭選手と大坂なおみ選手が揃ってが大活躍。 錦織選手は今年はずっと苦しんでいたスポーツ選手最大の敵である怪我の心配なく、順調に勝ち進み、本来の強さを発揮して、ベスト8では同世代のライ…

 ウィンブルドンテニス2018回顧録

2018年7月2日より始まった2018年のウィンブルドンテニス。 復活を目指す錦織圭選手は、キリオスやグルビスを倒して準々決勝に進むも立ち塞がるは、ビッグ4の高い壁・ノバク・ジョコヴィッチ。 苦手な相手と言っても過言ではない程に負け続け、最後に勝ったの…

 全仏オープンテニス、ナダルが脅威のV11!

2018年5月27日から6月10日まで開催された2018年の全仏オープンテニス。 日本期待の錦織圭選手は、ジャンビエ、ブノワ・ペール、ジル・シモンという地元・フランス勢に三連勝するというフランス人に恨まれるのではないかと心配になる活躍で完全復活を思わせた…

 全豪オープンテニス:フェデラー2連覇、完全復活!

2018年初のグランドスラム・全豪オープンテニス、昨年はフェデラーの復活劇が見られたが、今年も彼の強さは健在。 今大会も決勝まで1セットも落とさず勝ち上がってきて、決勝のカードは、フェデラーとナダルを倒したマリン・チリッチ。 決勝こそフルセットだ…

 全米オープンテニス備忘録

8月末から始まった2017年最後のグランドスラム、全米オープンテニス。 錦織圭選手は怪我で欠場、ジョコヴィッチもマレーもワウリンカもトップ選手がみんな怪我。 結局、スポーツ選手にとって最大の敵は怪我、つまり自分だ。世界を転戦して戦うテニス選手はハ…

 ウィンブルドンテニス備忘録:芝の王者復活!

今年のウィンブルドンテニスは、全豪オープンテニスで復活を果たしたフェデラーが絶好調。 ワウリンカは1回戦負け、全仏優勝のナダルは4回戦でルクセンブルクのジル・ミュラーに2セットを先取されながら2セットを取り返したものの、ファイナルセットのタイブ…

 全仏オープンテニス回顧録:フェデラーに続き、ナダルも復活!

2017年の全仏オープンテニスの女子決勝に衝撃だった。 オスタペンコという弱冠20歳の選手が優勝。ノーシードで世界ランキング47位のラトビアというテニス後進国で初のグランドスラム制覇。 ノーシードでの優勝はちょうど彼女が生まれた20年前の1997年の全仏…

 2017年全豪オープンテニス回顧録

2017年最初のグランドスラム、全豪オープンテニス。 今年の全豪オープンテニスは面白かった! 無敵を誇ったジョコヴィッチが117位のイスタミンにフルセットでの2回戦敗戦という衝撃のアップセット・ジャイアントキリングなど、2016年大活躍したマレー達が早…

 全米オープンテニス2016回顧録

2016年最後のグランドスラム・全米オープンテニス。 錦織圭選手は、準々決勝でATPランキング1位で、直近のリオオリンピックで金メダルのアンディ・マレーをフルセットの熱戦で撃破。久し振りにこんなに長時間テニスの試合を朝まで見守った。 しかし、残念な…

 ウィンブルドンテニス備忘録

2016年のウィンブルドンテニス。 ジョコヴィッチは3回戦でアメリカのサム・クエリーに敗れる波乱。 そんなチャンスで錦織圭は4回戦まで進んだものの、躍進した2014年の全米オープンテニスの決勝で闘ったチリッチの前でリタイア。 グランドスラムではなかなか…

 全仏オープンテニス:ジョコヴィッチ、キャリアグランドスラム達成!

全仏オープンテニス2016。 2005年から2014年までの10年間、ラファエル・ナダルの独壇場で、2009年大会を除いて負けなしの9回優勝という信じられない大記録。 2015年からは残念ながら怪我などで調子を落とし、今年も自分の庭でもある全仏オープンテニスで無念…

 全豪オープンテニス2016備忘録

2016年1月31日に終幕した「全豪オープンテニス」。 今年に入って錦織圭選手は絶好調。安定してベスト8まで行くようになったのはさすが。 昨年の全仏オープンテニスで惜敗したフランスのツォンガも一蹴。 でも、今大会のツォンガは、ボールガールの体調が悪い…

 ATPワールドツアー・ファイナルズ備忘録

錦織圭選手が出場した事で昨年この大会の存在を知り、昨年から11月の楽しみになったテニスの「ATPワールドツアー・ファイナルズ」。 テニスのグランドスラムの4大大会の他に楽しみが増えて嬉しい。 ATPランキング8位迄の選手が試合をしてその年のNo.1を決定…

 全米オープンテニス回顧録

8月末から9月13日までに開催された今年最後のグランドスラム「全米オープンテニス」が開催された。 昨年準優勝で活躍が期待された錦織圭選手は、前哨戦から調子がイマイチだったのが響いてか、初戦敗退。 今回、第4シードをもらえた昨年度準優勝者且つ世界ラ…

 錦織選手、遂にビッグ4の最後の1人に勝利!

今年の夏期休暇は、これまでと異なり、個々で適宜、7月から9月の間に3日間取得して良いということだったので、特にお盆に予定が無い自分は、亡くなった祖父母の供養のためにお坊さんが来る8月14日金曜日だけ、とりあえず休みをもらって、実家の岐阜に帰省し…

 ウィンブルドンテニス&ツール・ド・フランス

7月に入って好きなスポーツの大会が目白押し。 まずは、ウィンブルドンテニス。 錦織圭選手は残念ながら2回戦で棄権してしまって、期待をしていた日本中はガッカリだったのだが、4大大会以外にも世界中で開催されているATPツアーに出場してATPポイントを稼い…

 全仏オープンテニス回顧録

5月24日から始まった2015年のテニスのグランドスラム(4大大会)の第2戦の全仏オープンテニス。 錦織選手の大活躍から、これまでCSでしか中継していなかったグランドスラム以外のテニスのツアー大会も地上波やBSで放送されるようになるなど、日本中のテニス…

 全豪オープンテニス回顧録

1月18日から始まった2015年のテニスのグランドスラム(4大大会)の第1戦の全豪オープンテニス。 昨年後半の全米オープンテニス準優勝やその後のジャパンオープン優勝、ATPワールドツアーズでラウンドロビン(リーグ戦)を勝ち上がってトップ4人に選ばれた素…

 ATPワールドツアーファイナルズ、錦織選手、大活躍!

テニスのATPツアーの最終戦、ATPワールドツアーファイナルズが11月9日から開幕。 テニスのATPランキングの上位8位までしか参加できず、今年の世界一を決定するための大会だそうだ。 世界の4大グランドスラムはよく知っているものの、こんな大会があるとは錦…

 錦織圭、楽天ジャパンオープンテニス優勝!

10月5日日曜日、楽天ジャパンオープンテニスの決勝戦。 決勝の相手は、2年前に初優勝した時と同じ相手のカナダのミロシュ・ラオニッチ。 準優勝した先日の全米オープンテニスの4回戦でも戦った相手だ。 ラオニッチ選手は、錦織選手と同世代のライバルなので…

 全米オープンテニス:歴史的快挙を目撃!

9月7日日曜日午前1時、いよいよ全米オープンテニスの準決勝、世界ランキング1位のノバク・ジョコヴィッチvs錦織圭の一戦が始まった。 この一戦を最後まで観届ける為に、前もって寝ておいたので、4回戦や準々決勝のように4時間以上の長丁場になるのも覚悟の上…

 全米オープンテニス、錦織、快進撃!

8月25日に開幕した全米オープンテニス、日本のエースである錦織圭の活躍が凄過ぎる。 怪我明けなので、活躍は難しいであろうという大半の予想を覆し、3回勝ってベスト16までは当たり前のように進出。 2週目に日本人選手が残っていることが当たり前になってき…

 ウィンブルドンテニス2014回顧録

7月6日で今年のウィンブルドンテニスも終わった。 今年は、ここまで成績を残せず、世代交代か?と言われていたビッグ4の一角である、ロジャーフェデラーの復活劇が見られて面白かった。 過去に何度もここで優勝をして「芝の王者」という異名を見せつけた。 …

 全仏オープンテニス備忘録

5月25日から開幕していた全仏オープンテニスが6月8日に終幕。 四大大会のうち、唯一サーフェスがクレー(赤土)で、球足が遅く、サーブでもストロークでもエースがとりにくい、滑りやすく、フットワークが必要になるなど、持久戦になりやすい特徴がある為、…

 日本、デビスカップでベスト8初進出の快進撃!

全豪オープン終了後に開催されるテニスの国別対抗戦であるデビスカップのワールドグループにおいて、日本がカナダを破って、ベスト8初進出! 各国4人の代表選手で戦うこのデビスカップは、錦織圭しか世界ランキング上位の選手がいない日本ではこのワールドグ…

 全豪オープンテニス2014回顧録3:意外な結末

全豪オープンテニス2014は、意外な結末で幕が降りた。 準決勝で自分の中で事実上の決勝戦と思っていたナダルvsフェデラーがナダルの圧勝に終わり、決勝戦はラファエル・ナダルが初の決勝であるスタニスラス・パブリンカを一蹴して優勝すると確信していた。 …

 全豪オープンテニス2014回顧録2:選手達のオフショット

WOWOWは、放送時間が長いので、試合だけではなく、試合の合間に大会期間中のメルボルンパーク内の様子を流してくれるからとても面白い。 あのロジャー・フェデラーがコアラを抱いているオフショット。 Roger Federer holds a koala. 何だか笑顔で楽しそう。 …