高いところから失礼致します!

「苦しさはすぐに消える。諦めた事実は永遠に残る。」を心の中で連呼して、マラソン、ウルトラマラソン、超ウルトラマラソンを嗜む(トレイルランニングは勉強中)変態ドMランナーです。

 Someday is Today.

雨の日曜日、梅田のTOHOシネマズに「Knight&Day」を観に行った。
(何故、night&Day:四六時中ではないかは劇中にて)。
話の内容は、トム・クルーズ扮する凄腕CIAエージェントがCIAの重要な知的財産を盗んだ犯人としてFBIに追い掛け回される騒動に、キャメロン・ディアスが巻き込まれて、最終的には愛に発展する、というありきたりなストーリーだけど、予想外にかなり面白かった。
自分好みの激しいアクションでまったく観ていて飽きなかった。
やっぱりアクション映画を観るなら洋画だ。
それに、トム・クルーズがキレててクールでかなりかっこ良かった。
そして、演出というか、2人のやり取りの中で発せられるセリフがとても良かった。

  • 組織からキャメロン・ディアスを守るために無茶をしたことを説明するために、「君が助かるかどうかは僕次第」と言うために、

With me, Without me.

トム・クルーズが言って、手を上にしたり下にしたりするシーンは、もうちょっと映画が有名になれば後々語れる名シーンになり得るであろう。
(それに最後には、そのセリフを逆にキャメロン・ディアストム・クルーズに言って立場が逆転してしまうのもいい。)

Someday is a dangerous word.  It's just a code for never.
「いつか」は危険な言葉だ。「いつか」は、決して実現しないと言う意味なんだ。

そして、映画の最後で南の島で目が覚めたトム・クルーズに対して、キャメロン・ディアスがこう言う。

Today is Someday.
今日が「いつか」だ。

いいことばだ。DVDが出たらもう一度観たいな。