高いところから失礼致します!

「苦しさはすぐに消える。諦めた事実は永遠に残る。」を心の中で連呼して、マラソン、ウルトラマラソン、超ウルトラマラソンを嗜む(トレイルランニングは勉強中)変態ドMランナーです。

 三宮にて

3月5日土曜日。
三宮駅の高架下にある中華粥専門店で、中華粥を食す。
ザーサイも入っててとてもおいしかった。
丁度これくらいの腹持ちが腹八分目で良いカンジ。
お粥の専門店なんて初めて来た。
覚えておこう。

昼を食べた後は、HAT神戸まで移動して、「英国王のスピーチ」を鑑賞。
アカデミー賞最多賞を受賞した作品だ。
話の内容は、国王になれる資質がありながら吃音のために国民の前でのスピーチができない主人公が、国王であった父親の死により王になることになったため、重要なスピーチを成功させるために言語障害士と共に克服していくという映画。
主人公のために親身になって治療する言語聴覚士との間に友情が生まれ、スピーチを成功させていくという感動のヒューマンドラマだ。
ヒューマンドラマ特有の動きのない展開に最後の感動のシーンの前に不覚にも眠ってしまって、自分にがっかりだった。
でも、かなり感動する映画・・・のはず。
どうも外国の映画(特にヒューマンドラマなど)は、日本映画と異なって俳優人に愛着の無い人が多いし、外国の歴史や制度、ジョークなどはよくわからないので、アクション映画やサスペンス、余程の名作で無いと退屈してしまうな、俺。
なので、最近はもっぱら日本映画が好きである。