高いところから失礼致します!

「苦しさはすぐに消える。諦めた事実は永遠に残る。」を心の中で連呼して、マラソン、ウルトラマラソン、超ウルトラマラソンを嗜む(トレイルランニングは勉強中)変態ドMランナーです。

 世界陸上の川内優輝選手の走りに感動

2017年8月6日日曜日。
久し振りの日曜日早朝ランニング。
暑いものの、影を走ればまだマシ。
でも、シャワーを浴びたかのような姿。でも、走った後はくったりで眠気がスゴい。この暑さの中で走ればトレーニング強度が上がりそうだ。


開催中の世界陸上の男子10,000mのファラーの走りがスゴかった。
ケニアエチオピア勢のファラー包囲網をかいくぐっての連覇。
誰にも負けない無類の強さのまま、マラソン転向という有終の美。

そして、一番楽しみにしていた男子マラソン川内優輝の走りには感動した。
世界のトップ集団から遅れを取ってしまったものの、ラスト残り2kmで出場ランナー最速という驚異の粘り。
中継が切り替わると、いつの間にか、日本人トップだった中本に追い付いていた時にはびっくり。

入賞直前までに迫った勢いに、思わずテレビに向かって「頑張れ!あと少し!」と声を出して応援していて感動している自分がいた。
ニュースのコメントを見ると、それは自分だけではなかったようだ。
彼の走りの何が日本人をそうさせるのか。
彼の必死に粘る姿に日本人は「侍」を感じるのではないか。
とにかく彼にはまだまだ代表引退をして欲しくないな。
彼のような日本人を感動させる走りができるランナーは他にはいない。