高いところから失礼致します!

「苦しさはすぐに消える。諦めた事実は永遠に残る。」を心の中で連呼して、マラソン、ウルトラマラソン、超ウルトラマラソンを嗜む(トレイルランニングは勉強中)変態ドMランナーです。

 沖縄100Kウルトラマラソン:10時間台で完走し、2017年走り納め!

2017年12月17日日曜日、第2回沖縄100Kウルトラマラソン当日。
午前1時過ぎに起きて、那覇市内のホテル近くのゆいレール旭橋駅の下で大会側のバスに乗って約1時間、沖縄本島南部の与那原町にある与那古浜公園へ。
スタート前は沖縄とは思えないくらいの寒さに驚く。
前日夜から続く風が吹き荒れるコンディション。なので、スタート時間迄、着替え用のテント内で風を凌いで待機。
そんな肌寒いコンディションの中で、朝5時にスタート。


昨年も走っている大会なので、コースは覚えていて、この先に何があるか、どこにエイドがあるのかを覚えているのは強い。
前半は海岸線沿いのコース。
昨年は、太平洋から出づる朝陽や沖縄ならではの青空とエメラルドグリーンな海が見られたのだが、それが出来ずに残念。

途中の奥武島1周では少しだけ沖縄らしい景色があった。

南城市八重瀬町と走って、舞台は糸満市へ。眼前に有名な平和記念公園が。
「鉄人・強人ランナーをランナーを応援します ちばりょー」
「鉄人・強人」と言われると嬉しいなぁ。


中間地点の糸満市役所に到着して折り返し。
GPSウォッチを見ると、50kmでちょうど5時間。
アップダウンがありながら、キロ6分の良いペースでここまで来られた。
まだまだ全然余裕。コンディションが涼しいというだけでここまで好調とは驚き。


後半の60km以降は、好不調を繰り返してさすがにキロ6分は維持できずにペースが落ち始めたが、歩く程ではなかった。
そして、ようやくこの大会のハイライトのひとつである、80km過ぎのニライ橋・カナイ橋に到着。



このカラフルな石碑も懐かしい。


この橋の下りの眺望が絶景・・・のハズが、朝からの曇り空で景色はイマイチ。


ニライ橋・カナイ橋を過ぎて、下り坂を一気に駆け下りて90km地点。
残り10kmは、往路も走った超フラットなコース。
GPSウォッチを見ると、経過時間は9時間半過ぎ。
「これは頑張れば10時間台でゴールできるな・・・」
と思い立ち、残っている力を振り絞って全力疾走。
そして、ゴールはスタート地点と同じ与那古浜公園。彼方に見えてきた。

無事、沖縄100Kウルトラマラソン、2年連続のゴール!

タイムは、10時間54分49秒。

アップダウンが多いコースながら、風が吹いて沖縄にしては寒くて走りやすく、風が汗を乾かしてくれて気持ち良いコンディション且つ一度走った事があって先に何があるかを把握している事もあって、終始好調に走る事が出来て、10時間台で完走する事が出来た。
昨年は12時間30分かかったのに、暑くないだけでここまで違うのか、と驚いた。
このコースで10時間台、超フラットなサロマでの自己ベスト10時間37分とそれほど変わらないタイムであれば上出来だ。
今年も沖縄の焼き物、やちむんの完走メダルをゲット!

ゴール会場では、ゴール直後にゴール時の写真付きの完走証も発行してもらえた。これは嬉しい。

2017年の大会もこれで走り納めになるが、最後で素晴らしい結果で終える事が出来た。
今年最後の苦しみと感動を味わう為に、オフシーズンの沖縄に来る事が出来て良かった。
2017年もウルトラマラソンと超ウルトラマラソンを合わせて7本、フルマラソン7本、ハーフマラソン2本、その他3本とよく走った。
今年せっかく140km完走したのに最後の萩往還250kmエントリー失敗、ビワイチDNFという挫折も味わったのはとても残念だったけど、大満足な2017年になった。