高いところから失礼致します!

「苦しさはすぐに消える。諦めた事実は永遠に残る。」を心の中で連呼して、マラソン、ウルトラマラソン、超ウルトラマラソンを嗜む(トレイルランニングは勉強中)変態ドMランナーです。

信貴山・朝護孫寺へのラン、福寅との出逢い

2018年11月24日、我誕生日の日。
大阪マラソンの前日に止めときゃいいのに、自分への誕生日プレゼントとして、信貴山へ紅葉を見に、ゆっくりランニングすることにした。
自宅のある堺筋本町から寺田町を経て、八尾市に行き、ケーブルカーの信貴山口駅からトレッキング開始。

f:id:kohki3103609:20190310152921j:plain

そして、以前、生駒山を縦走した時に、スタート地点の私市から走ってゴール地点だった、ケーブルカーの高安山駅に到着。

f:id:kohki3103609:20190310153459j:plain

そこから先に行くのは初めて。

目的地の信貴山朝護孫寺に行く手前にあるとっくり池には、大きな吊り橋があったので、少し立ち寄った。立派な吊り橋で面白い。

f:id:kohki3103609:20190310153609j:plain

そして、目的地であった有名な信貴山・朝護孫寺に到着。

朝護孫寺に向かう開運橋上にはバンジージャンプを行える施設があって、こんな近くにバンジージャンプができる場所なんてあるのか、と驚いた。

f:id:kohki3103609:20190310154119j:plain

f:id:kohki3103609:20190310154114j:plain

f:id:kohki3103609:20190310154128j:plain

ここの朝護孫寺で有名なのは「福寅」。

入口には早速の福寅が登場。

f:id:kohki3103609:20190310154748j:plain

「これよりもっと大きいのがこの先にいるはず!」と先に進むと、もっと大きな福寅が登場。

これが有名な世界一の福寅だ。首が自動的に上下に振れて、赤べこみたい。

近くには小さい福寅もいた。

f:id:kohki3103609:20190310154902j:plain

f:id:kohki3103609:20190310154909j:plain

参拝客は多数いたものの、先日の京都市内のように混み合っていないし、外国人もいないし、ゆっくり散策して紅葉を楽しめた。

f:id:kohki3103609:20190310155158j:plain

f:id:kohki3103609:20190310155205j:plain

f:id:kohki3103609:20190310155209j:plain

f:id:kohki3103609:20190310155239j:plain

朝護孫寺内を散策した後は、腹ごしらえ。

双頭の信貴山をイメージしたホワイトカレーを食べ、甘酒も飲んで身体を温めた。

f:id:kohki3103609:20190310155502j:plain

f:id:kohki3103609:20190310155508j:plain

その後はバスで最寄りの信貴山下駅に行き、この日のランは終了。

f:id:kohki3103609:20190310155703j:plain

大阪マラソン前日に疲れが溜まるかと心配だったが、むしろ新鮮で充実しており、リラックス出来て心が満たされた。家でじっとしていなくて良かった。
自分らしい最高の誕生日で、たくさんの誕生日プレゼントをもらえた貴重な1日だった。