高いところから失礼致します!

「苦しさはすぐに消える。諦めた事実は永遠に残る。」を心の中で連呼して、マラソン、ウルトラマラソン、超ウルトラマラソンを嗜む変態ドMランナーです(トレイルランニングは苦手)。

 生駒山で雪中ランニングのレア体験

2018年2月12日月曜日の三連休最終日は、日曜日朝にできなかった生駒山に向けてのランニング。
外に出てみると、雪が残っていて、深夜に雪が降っていたようで驚いた。
これは生駒山へ行くのは無謀かなぁと思いながらランニングスタート。
案の定、日陰には雪が残っていて滑らないように慎重に踏みしめてのランだった。

生駒山の麓の石切神社で遅めの初詣をして、いつものように国(酷)道308号線の坂道ラン。
あまりにも急過ぎて走って登る事が出来るのはせいぜい住宅限界まで。



そこから歩いて登り始めたら、暗峠と呼ばれる所以でもあるように日陰ばかりで雪が残っていて、市から委託されてであろう、凍結防止の為の塩化カルシウム散布の作業を初めて見た。

彼らを追い越してからは新雪を踏みしめての登り。何度もここには来ているが、こんな国道308号線は初めて。新鮮だった。



暗峠に到着した後は、迷ったものの、いつも行く生駒山上遊園地に繋がる山道は、帰りの下りの急な石畳は危険と判断し、少し奈良県側に下って、中腹にある鬼取町を経由するコースにしたら大正解。
陽でアスファルト上の雪が溶けて走りやすかった。
本当は宝山寺でも遅めの初詣を計画していたものの、コースを誤って生駒駅まで下ってしまったので、今日はここで終了。



思いがけず、しかも自分の足で行く事が出来るところでまさか雪上ランニングを楽しめるとは思ってもみなかった。
レア体験が出来て、本当に楽しかった。
生駒山はまた違った姿を見せて楽しませてくれた。飽きないなぁ