高いところから失礼致します!

「苦しさはすぐに消える。諦めた事実は永遠に残る。」を心の中で連呼して、マラソン、ウルトラマラソン、超ウルトラマラソンを嗜む(トレイルランニングは勉強中)変態ドMランナーです。

 東京マラソンでの日本記録更新の朝に

2018年2月25日日曜日。
東京マラソンでの日本記録の16年振りの更新の記念すべき日に、小江戸大江戸200k前の最後の早朝ランニング。
曇り空で風もあったが、それほど寒くはなくて、好調に20kmを走る事が出来た。

しかし、設楽悠太日本新記録の走りは素晴らしかった。
あの35kmを過ぎてのペースアップは凄かった。
福岡国際での大迫選手といい、あの箱根駅伝の有名選手の活躍が素晴らしい。
前日の平昌オリンピックの高木菜那選手のマススタートの金メダルといい、この土日はテレビに向かってやたら叫んだ2日間だった。


この日の日本新記録達成の舞台となった東京マラソンのゴールである、東京駅から皇居に繋がる行幸通(ぎょうこうどおり)は、翌週に挑戦する小江戸大江戸200kで走るコースの一部でもある。
この日の盛り上がりから一転、夜明け前に真っ暗でひっそりとした行幸通を見に行こう。