高いところから失礼致します!

「苦しさはすぐに消える。諦めた事実は永遠に残る。」を心の中で連呼して、マラソン、ウルトラマラソン、超ウルトラマラソンを嗜む(トレイルランニングは勉強中)変態ドMランナーです。

生駒ボルダーで30km走!

2019年2月9日土曜日。

2月の三連休初日は、朝からかねてから行ってみたかった生駒山の有名なコース、生駒ボルダーで30km走をすることにした。
1時間に1本しかない生駒駅から出るバスで生駒山麓ふれあいセンターへ。
自宅のある堺筋本町から1本で生駒駅まで行けるのだが、1本乗り逃してしまって、生駒駅着から1分後発のバスにダッシュで向かって飛び乗った。
バスに乗り遅れたら歩いて向かおうと思っていたが、ふれあいセンターは信貴生駒スカイライン沿いにあるので、バスでないと行けないらしい。
人気の無いセンター内のロッカーに荷物を預けて、センターがある生駒山麓公園の入口にある灯籠ゲートが生駒ボルダーのスタート。

f:id:kohki3103609:20190511215206j:plain

生駒ボルダーを走るランナー向けに、歩行者優先である旨の注意書きや500m毎に標識があるので、練習に最適なコースだった。

f:id:kohki3103609:20190511215249j:plain

序盤、身体が重いなぁと思ったら、なだらかな登り坂だったが、4km以降は下り基調で、6~7月に紫陽花が咲き誇るぬかた園地あじさい園を通過。

シーズンオフだとこんなに殺風景か、という風景。

f:id:kohki3103609:20190511215427j:plain

ぬかた園地内の入り口。大阪府民の森のこのロゴ、お気に入り。

f:id:kohki3103609:20190511215617j:plain

f:id:kohki3103609:20190511215623j:plain

そして、暗峠に繋がるお馴染みの国道308号線を横切る。

気温1℃。でも、走っているから全然寒くない。

f:id:kohki3103609:20190511215904j:plain

f:id:kohki3103609:20190511215911j:plain

途中、視界が空けた場所で立ち止まって、生駒山下の東大阪市とその向こうの大阪市内を望む。天気が曇りでイマイチ。

f:id:kohki3103609:20190511220441j:plain

その後は、5月になると満開になるツツジで有名ななるかわ園地を過ぎる。

ツツジが満開になったらここからの眺めは絶景となる。

f:id:kohki3103609:20190511220546j:plain

その後も、たんたんと走っていると、突然、11km過ぎで行き止まりに。
どうやらこの先で昨年秋の台風の影響で土砂崩れがあったために通行止めとのこと。

f:id:kohki3103609:20190511220257j:plain

本来ならこの先のみずのみ園地の14.5km地点で折り返すのが生駒ボルダーのコースなのだが、それが出来ずに断念。

仕方ないので、迂回路であった生駒山を縦走する生駒縦走歩道のトレイルロードに入って、同じ14.5km地点くらいの十三峠までトレイルランニングをして折り返し。

f:id:kohki3103609:20190511220759j:plain

f:id:kohki3103609:20190511220804j:plain

往路の下りで楽をした分、登り基調の復路の方がキツく、特にぬかた園地のあじさい園に向かうまでの激坂はキツかったが、20kmを越えているのに何とか走って登る事ができたのは良かった。
最後の4kmはなだらかな下り坂を快調に走って、ふれあいセンターに帰ってきてゴール。
センターの温泉に入って、気温1℃の中を走って冷えた身体を温めた。

ここの温泉、シャンプーやリンス、ボディソープ、石鹸など一切無しで潔かった。大浴場に入って身体を温めるだけ。

帰りのバスが来るまでレストランでゆっくり食事して帰宅。

f:id:kohki3103609:20190511221514j:plain

ひさびさの30km走、寒かったけど、気持ち良かった。
また、暖かくなって、生駒ボルダーが全部開通したら行きたいな。