高いところから失礼致します!

「苦しさはすぐに消える。諦めた事実は永遠に残る。」を心の中で連呼して、マラソン、ウルトラマラソン、超ウルトラマラソンを嗜む(トレイルランニングは勉強中)変態ドMランナーです。

星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン:楽しかった前夜祭

2019年5月18日土曜日。

G.W.の長崎橘湾岸スーパーマラニック以来、全然走れておらず、この週も平日に1回しか走れておらず、自己嫌悪。

でも、長崎で217km、翌日の野辺山で100km走ったら、5月は走り過ぎなので、平日はこんなものでいいか、と言い訳。

そして、3回目の星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソンに出場するために、土曜日の朝イチで野辺山へ移動。

新大阪駅から東海道新幹線名古屋駅名古屋駅から中央本線ワイドビューしなのに乗って塩尻駅塩尻駅から特急あずさに乗って小淵沢駅小淵沢駅から小海線でJR線最高駅・野辺山駅に、遠路遥々、3年連続でやってきた。

乗り換えの多いこの移動も慣れたものだ。

しかし、大阪から野辺山なんていう遠くて不便な場所に3年連続で来るなんて、相当な物好きで正気の沙汰じゃないと笑えてくる。

f:id:kohki3103609:20190610002757j:plain

f:id:kohki3103609:20190610002900j:plain

昼に南牧村社会体育館にて前日受付を済ませて、宿泊予定のホテルのグレイスホテルへ。

過去2年は野辺山駅からかなり離れた山の麓の民宿での宿泊だったが、今年は野辺山駅から近くて、JR線最高地点の標識の近くのグレイスホテルでの宿泊になった。

リゾートホテルのようなホテルで、過去2回に無い快適さと綺麗さで、とても良かった。

部屋で翌日の準備をした後は、再び南牧村社会体育館に戻って、夕方からの前夜祭に参加。

昨年は遠く離れた民宿だったので不参加だったが、今年は近かったので、参加。

山梨学院大学の学生さん達のダンスに、メインスポンサーの日本製粉によるオーマイパスタやカレーライス、焼きそばなどでのカーボローディングパーティー

f:id:kohki3103609:20190610005531j:plain

f:id:kohki3103609:20190610005547j:plain

25回目の開催を祝う恒例の大会特製のビールも振舞われた。

f:id:kohki3103609:20190610005630j:plain

ひとりでの参加なので、同じ席におられたウルトラランナーの方々と情報交換。

みんなリピーターで、各地のウルトラマラソンに出られている強者揃い。

中でも今回知り合ったワダさんは、毎週、どこかの大会に遠征して出場されている、自分以上の変態ウルトラランナー。

前夜祭が終わった後も、同じグレイスホテルでの宿泊であったため、ホテルに戻るためのバスも同じで、ホテルに戻った後に準備されていた夕食の席でもマラソン話に花を咲かせて、ワダさんのご実績に感銘を覚えて、20時30分まで呑みにお付き合いして興味深いお話をさせて頂いた。

出来ればもっとお話したかったが、翌日の午前5時スタートに向けて、ワダさんも気を遣ってくれて呑みを切り上げてくれて助かった。

しかし、これだけ飲んで翌日100km走るとは凄過ぎると驚きだった。

部屋に戻ったたら、前夜祭に不参加の相部屋のお三方は既に就寝済み。

自分も速攻で大浴場に入って、翌日の闘いに向けて速攻で寝た。

前夜祭、これまでは「参加しなくてもいいかなぁ」と思っていたが、ひとり参加故に周りのランナーと積極的に話して知り合いになれるチャンスが出来るから良い。

今回も尊敬できるランナーととても良い出逢いがあった。

今後も前夜祭の機会があれば、積極的に出るようにしよう。

f:id:kohki3103609:20190610010427j:plain

f:id:kohki3103609:20190610010436j:plain