高いところから失礼致します!

「苦しさはすぐに消える。諦めた事実は永遠に残る。」を心の中で連呼して、マラソン、ウルトラマラソン、超ウルトラマラソンを嗜む(トレイルランニングは勉強中)変態ドMランナーです。

 半年先に出場予定のマラソンを考える

10月になってめっきり夜は寒くなって、松本マラソンの後の10月4日からウインドブレーカーを着てのラン。
松本マラソン不本意な結果で、臀部の張りがひどくて後半満足に走ることが出来ずに筋肉痛はほぼゼロだったこともあり、快調に走ることが出来た。
久し振りにランニングの楽しさを痛感。とても気持ち良かった。
仕事であったうやむややもやもやを発散することが出来て週末に向けて頑張れそうだった。
9月にDNFであったビワイチの結果がホームページで発表されていたので見てみると、大変興味深かった。
出走者25人中、偉大な完走者はたった5人。
DNFだったランナーの中で、自分は5番目に進んでいたランナーであったことを知り、ちょっと自信がついた。
やっぱりみんな辛かったんだ…
来年はビワイチを完走できるように頑張ろう!
そして、来る10月29日に出場予定の横浜マラソンの案内がやって来た。
今年で2回目の出場になり、前回は3月の開催であったが、今年から10月開催になった。
メインスポンサーも一新され、そこには「Under Armor」の名前が!
これは珍しい、マラソンのスポンサーになるのは初めてなのではないか。
これは俄然横浜マラソンに行くのが楽しみになってきた!


10月7日は、小雨の中に大阪城ナイトランニング。
仕事で疲れていて身体が重かったが、雨の中を気持ち良く走れてストレスと疲れを発散できた。
この日は午前中、仕事をしながらそわそわ。
2018年2月にある京都マラソン熊本城マラソンの抽選結果発表の日のためだ。
その結果、やはり3年連続の京都マラソン当選はならなかったものの、熊本城マラソンは当選した。
京都マラソンは自己ベストが出た大会で、勝手に相性が良いと思っているし、参加賞の京都マラソンオリジナルのbuffがもらえないのは大変残念だが、已む無し。
でもこれで過去2回当選したものの、京都マラソンを優先していて何度か当選したのにDNSにしていた熊本城マラソンにやっと出られる。マラソンでの未踏の地のひとつである熊本にようやく行ける。楽しみだ。
そして、この日の21時からは2018年3月の小江戸大江戸200kの優先枠エントリー開始の時間。
2年連続完走出来たので、ここらでひと区切りとしてもう出場は止めようと思っていたが、深夜に東京のど真ん中を走る楽しさは何物にも代え難いので、またエントリーしてしまった。
仕事に集中していたため、気付いたのが22時頃で慌ててスポーツエントリーにアクセスしたらまだ空いていて無事エントリーできた。
危ない、萩往還250kmの二の舞になるところであった…
しかし、230kmの部は早々に受付終了で、よくやるなぁと呆れた笑
こうして早くも2018年3月迄の出場予定のマラソンがほぼ決まり。
人気の大会に出たければ、半年前にはエントリーしないといけない昨今。
秋のマラソンシーズンが始まったばかりなのに早いものだ。