高いところから失礼致します!

「苦しさはすぐに消える。諦めた事実は永遠に残る。」を心の中で連呼して、マラソン、ウルトラマラソン、超ウルトラマラソンを嗜む(トレイルランニングは勉強中)変態ドMランナーです。

 さよなら

まさに、さよなら、ジャック・バウアーだ。
いよいよ始まった「24」のファイナルシーズンのレンタル開始。
早速、TSUTAYA DISCASがvol.1〜4までを立て続けに送ってきてくれたので、早々に鑑賞。
シーズン7の終わりでウイルスに犯され死にかけたものの奇跡的に生還したジャックは、娘のキム夫妻との生活を営もうとするが、そこへ情報屋がやってきて大統領暗殺計画を知るところから物語は始まる。
やはり面白い。
舞台はニューヨークになり、キャストはジャックとクロエとシーズン7からの大統領と元・FBIのウォーカーくらいで総変わりだけど、CTUが復活して、対テロリストのための最新鋭の機器が更に発達しているし、その他の人間はあっさり殺されるのにジャックは相変わらず強くて死なないし、ドキドキさせれっぱなし。
やっぱりこういう国家的規模の対テロリストモノは好きだなぁ。
早速、vol.4まで観てしまったので、先がかなり気になる。
11月と12月がかなり楽しみだ。
こういう年末の楽しみが来年からなくなってしまうのは残念だけど、映画があるってきているしそれを楽しみにしておこう。
http://video.foxjapan.com/24/