高いところから失礼致します!

「苦しさはすぐに消える。諦めた事実は永遠に残る。」を心の中で連呼して、マラソン、ウルトラマラソン、超ウルトラマラソンを嗜む(トレイルランニングは勉強中)変態ドMランナーです。

 花見ランその3:淀川沿いの背割堤

2018年3月31日土曜日、全国のランナーが花見ランをしているだろうと思うくらいの桜満開と天候が揃った。
自分も例に違わず、朝から花見ランニング。
大阪城公園内も花見客でたくさん。


そこでも花見ランをした後は、大川沿いの毛馬桜ノ宮公園の桜を見ながら走り、淀川に出た後は延々と上流に向かって約20kmのランニング。




赤川鉄橋菅原城北大橋、豊里大橋、鳥飼大橋、鳥飼仁和寺大橋、淀川新橋、枚方大橋、そして最後の八幡市御幸橋
小春日和(小春日和とは秋から冬にかけての変わり目に春のような暖かい日の事を言うのでここで使うのは不適切)で暖かく、延々と続く堤防のコースも淀川の土手の上から景色を眺めながらのランは楽しかった。



淀川沿いにも桜はあるし、枚方を過ぎた後の満開の菜の花が咲き乱れる土手には感動。桜と同じくらい綺麗だった。菜の花ロードと勝手に命名



目的地である京都府八幡市の背割堤に到着した頃には37kmに到達。
大会でも無いのに走り過ぎた。

背割堤に向かう御幸橋の手前の対岸から眺める土手に連なる桜の風景は見事だった。
その絶景を対岸からのんびり眺めているときが一番癒された。



御幸橋から背割堤に向かう道路は観光客が多過ぎてウンザリだし、近づいてしまったら近くの大阪城公園の桜と同じなので早々に退散。


最近できた展望台にも登って来た。なるほど、ここからの展望はなかなかだ。


せっかく八幡市に来たので、京阪八幡市駅裏にある男山ケーブルに乗って、石清水八幡宮を参拝。




土曜日の朝に十分な桜を堪能出来て満足。素晴らしい土曜日の朝だった。